遺言書



おそらく、遺言書を作成しようと考えたときに初めに思うのが自筆証書遺言だと思います。
自筆証書遺言には手軽に作成できる、費用が掛からない等のメリットがあり馴染みやすいものです。
デメリットとしては形式に不備があり無効となってしまう恐れがあること。家庭裁判所にて検認の手続きをしなければないこと。また封印されている遺言書は、家庭裁判所にて相続人等立会いのもと開封しなければないこと等があげられます。

公正証書遺言は公証役場にて遺言案をもとに公証人に作成してもらう遺言です。(出張も有ります)
公正証書遺言は検認等の手続きの必要がなく、すぐに相続手続きを行えるというのが最大のメリットです。
デメリットは、手間とお金がかかることです。

自筆証書遺言、公正証書遺言それぞれにいいところがありますが、残された遺族に手間のかからないのが、公正証書遺言です。

せっかく遺言書を残しても、その内容によっては新たな争いを生んでしまうこともあります。
当事務所では遺言書の種類や内容など作成の支援を行っています。遺言書を作成しようと思っている方は、ご連絡の上、一度当事務所にまでご相談にお越しください。(出張も受け付けております)